ホウ化チタンは上質でさまざまな面で利用されている金属材料

ホウ化チタンは上質でさまざまな面で利用されている金属材料

高い耐熱性と耐火性を持っているホウ化チタン

作業をする男性

切削や切断などの機械加工で使用される超硬工具には、高い耐久性や金属との低い反応性、そして耐熱性や耐火性が求められます。切削加工中に高熱となり、金属粉が火花で発火するということもあり、超硬工具が使い物にならなくなることもあります。しかし、これらの問題解決にホウ化チタンが効果的なのです。
ホウ化チタンは、金属材料の中でもチタンが含まれているということから硬い特性を持っている超硬質材です。しかし、非常に硬いだけでなく、さまざまな特性を持ってもおり、高い耐熱性や耐火性といった機能性も兼ね備えています。そのため、ホウ化チタンは耐熱コーティングとしても用いたり、耐火材の長寿化にも貢献しています。さらにホウ化チタンは、焼結させたセラミックス材料として使用できるだけでなく、放電加工にも適しています。放電加工による精密な仕上げが可能であり、大きな超硬工具から精密可能を行うことができる超硬工具にも使用することができるなどの特徴も持っています。そのため、凹凸などが多い、ドリルなどの刃先のコーティングを行うことができます。このように、ホウ化チタンはさまざまな分野で役立っている非常に利便性の高い金属材料なのです。

ホウ化チタンは聞きなれなくても生活に欠かせない金属材料です

私たちの身の回りには多くの金属が存在します。目に見えるものから製品の内部や医療機器、宇宙開発など使用されなくてはならない物になっています。それらは金属材料と呼ばれ大きく分けて鉄鋼と非鉄鋼に分かれます。非鉄鋼の中にはアルミニウムや銅など多くの聞きなれた金属材料が有ります。チタンもその中の一つです。チタンはアクセサリーなどでも良く使用されますが、強度が高く軽い、過酷な状況でも使用が出来るなどの特性から多くの場面で活用されてます。そのチタンをホウ化チタンとして加工したものが様々な分野で注目されています。ホウ化チタンは他の溶融金属と比べ安定した物質で伝導性や耐酸化性にすぐれ高性能セラミックスです。セラミックスとは人為的に製造された非金属無機質固体材料の事で、身の回りに欠かせないものです。例えば土鍋やティーカップなどの食器や調理器具から、人体に役立つ人工骨や家庭に安全な電気を送る碍子など多くの分野、場面で欠かせません。ホウ化チタンは電極材や研磨剤などとして活用されています。ホウ化チタンの加工には高い技術が必要とされ日本には高い技術を持つメーカーが存在します。技術が高いのはもちろん素早い納品も可能です。

チタンはセラミックコンデンサやサーミスタなどにも使用される金属

チタンといえば、硬く耐久性や耐摩耗性に優れた金属材料というイメージが強くあります。人体への影響も少ないことから医療用のボルトやプレートなどにも使用され、体内で使用されることもあります。構造体で使用されるものと考えるものの、チタンは電子部品にも多く使用される金属材料です。
チタンといってもそのままの金属材料が電子部品に使用されるのではなく、酸化化合物が使用されます。チタン酸化合物は、積層セラミックコンデンサ、温度センサや半導体、圧電素子などにも使用され、身近な家電製品や精密機器にも使用されています。特に積層セラミックコンデンサは電子機器の小型化に貢献しており、スマートフォンなどにも使用されています。また、温度センサも温度変化により抵抗値が変化するという特性を用いるため、小型化が可能であり小型家電製品や精密機器の温度制御などにも使用されています。チタン酸化合物はさまざま用途に使用されるだけなく、組み合わせる金属材料によって特性が変化します。純粋なチタンやホウ化チタンなどのチタン合金として使用されるだけでなく、目に見えない場所で我々の生活を支えてくれています。また、近年でも研究は進められており、リチウムイオン二次電池の電極材料としても可能性が考えられています。

Press Release